購入当初、ノーマルの状態でドライブして、その帰りに車を返品しよと思った。
『止まらない』『振られる』車ではない状態。
購入店に相談したところ、足回りを変えましょうという話になって、スタビ、ショックを交換。多少は良くなったが大きな改善は見られなかった。特にスタッドレス装着時、その状態が顕著になり、どうにかしなければ・・・と思うようになった。それ以前から雑誌等でCSWエアサスが気になっていた。エアサス装着者のどのレビューを見ても良い事しか書かれていない。
たいていのレビューには、反対意見的なものが少しはあったりするものだが嘘臭いくらいに全くない。なので、車の購入店に尋ねてみたところ、購入店側では否定的で逆に『夏用ラジアルタイヤで走られていた時は不満はありましたか?』と聞かれ「夏タイヤの時はまだ我慢出来た」と答えると『それならまだ我慢した方が良い』と言われた。
せっかく購入した車に乗る上で、我慢することが正常な事なのかと絶えず疑問をもっていた。それをCSW(カーセールスワタナベ)に電話して相談したところエアサスを付ける価値があるのではないかと思い富永自動車に入庫した。その結果
『肩コリ』が無くなった。
真っすぐの道でも絶えず行っていたハンドルの修正が減った。
段差による突き上げが気にならなくなった。
コーナーリングは、以前だと『さぁ曲がるぞぉ』という事を心に強く持ってイメージし思い切り減速しゆっくり曲がっていた。
しかし今では、乗用車感覚で『曲がるよ~』というくらいで曲がれている。
ロールが少なくなっているのも楽な要因。また高速道路で大きな車両に追い抜かれる時に発生する風が怖かった。特に風の強い日は車線半分くらいはみ出されるくらいで、いつ事故を起こしてもおかしくない命に関わるレベル。
それがエアサスを取り付けてから感じなくなり、今までのもどかしさが解消。購入店でしてもらった足回りのチューニングとは、まったくモノが違う。一般道、高速道路、山道でのワインディングロード、どこを比べても全然違う。
もっと早い段階でエアサスを取り付けしていれば、今までの旅がもっと良いものになっていたはず。家族も大変喜んでいる。これからキャンピングカーを買うという人がいたら、コレだけは説きたい!
『一番大事なのは足回り!』ココがしっかりしていないと安全な旅はできませんよ!!
安全・安全を手に入れるには、お安い買い物と感じます。
▲トップへ